デリヘルドライバーが孤独なコンパニオンを癒す方法とは?

毎日、肉体的にも精神的にもハードな接客が仕事のデリヘルコンパニオン。そんな彼女たちは、心身ともに疲れ切って、落ち込んでしまうことも度々。「ゆっくり安らいで癒されたい」と常々思っています。

 デリヘルドライバーは、孤独なコンパニオンと多くの時間を共にします。コンパニオンを癒す方法とはどんなことなのかを研究することが、コンパニオンとの良好な関係作りに役立つのです。

 

 孤独なコンパニオンは、“癒し”と“安らぎ”に飢えている

デリヘルコンパニオンたちの日常生活は、仕事以外では非常に“閉鎖的で孤独”な環境下に置かれている場合が想定されます。それは親しい家族や、彼氏や親友など関係が身近な人ほど、デリヘルが職業だとは言い難いからです。仕事についての悩み事など相談できるわけがありません。

したがって、彼女らは、仕事上の悩みやストレスは、自分で抱え込むか、解決するか、発散するしか方法がないのです。デリヘルいう仕事上の悩みや相談ができて気持ちを許せるのは、職業がデリヘルであることを打ち明けている身近な人か、そうでなければ同じ職場の人だけしかいないのです。

孤独なコンパニオンたちは、“癒し”と“安らぎ”に飢えているのです。

 

疲れ切ったコンパニオンには、車中が最高の“安らぎと癒しの空間”

同じ職場であれば、送迎ドライバーがもっとも身近な存在となります。業務中での接触時間も長くて、なにしろ2人だけでの車中での時間が長いからです。事務所と違い、周りにほかのスタッフや、同業のコンパニオンたちも居ませんから、余計な神経は使わず安心です。

ドライバ―であるあなたに気心を許せば、悩みや愚痴や相談事など何かと話しかけてくることでしょう。でも、その話題毎に首を突っ込まないように気を付けましょう。対話や議論になるのは、コンパニオンが余計に疲れることになり、好ましくありません。

聞き流す程度の、コンパニオン側からの一歩通行の会話ぐらいが適当なのです。せいぜい「ああ、そうですか?」「それは大変ですね!」程度に、頷くぐらいにしておくのが無難でしょう。コンパニオンのほとんどは、元々、意見などは求めておらず、聞いて欲しいだけなのです。溜っているストレスを発散したいだけなのです。

「癒してあげよう!」という積極的な気持ちは非常に大事です。しかし勘違いしてはならいのは、「業務上である」ことです。プライベート的なことに関しての癒しの行為や会話は慎むようにしましょう。

 

デリヘルドライバがコンパニオンを癒す方法としての5つの原則

デリヘルドライバ―として、コンパニオンを癒す方法を心得ておくことは重要な役割のひとつでもあります。それには、特別なスキルもコミュニケーション能力も必要とはしません。ただ、常識的な心得だけで良いのです。

コンパニオンを癒す方法としての5つの原則は次のとおりです。

1)絶えず笑顔でいること

2)丁寧でやさしい言葉遣いを心掛けること

3)挨拶をキチンとすること

4)1つの仕事毎にねぎらいの言葉「お疲れ様でした!」を掛けてあげること

5)とにかく話は聞くだけにすること(業務以外の話しかけはしないこと)

 

デリヘルドライバーがコンパニオンを癒す方法として、勘違いしてはいけないことは、癒してあげようとアレコレ話しかけることです。アレコレ話しかけられることを嫌うコンパニオンも多いということを理解しておく必要があります。

デリヘルドライバーにとってコンパニオンを癒す方法としての最善策は、「何も話しかけずにそっとしてあげる」ことなのです。業務に必要な挨拶と会話以外は慎んでおくことが癒す方法なのです。

是非、心がけて、コンパニオンから信頼されるデリヘルドライバーを目指しましょう!

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る