ドライバーがコンパニオンの癒しに活用できる「ヒーリング」とは

現代のストレス社会において、「ヒーリング」という言葉が良く聞かれます。「ヒーリングエステ」、「ヒーリングサロン」、「ヒーリングアート」、「ヒーリングミュージック」などです。

この「ヒーリング」とは、いったいどういうことなのか?そしてデリヘルにおいての「ヒーリング」とはどうやって活かせるのか?について考えてみましょう。

 

「ヒーリング(healing)」とは、いったいどういう意味?

 最近、耳にする「ヒーリング(healing)」を辞書で調べてみると「治療,回復,癒し」とある。また「心身に働きかけて自己治癒力を引き出すことで、治癒・回復を促す活動や癒し。特に現代においては、ストレスなどで病んだ人の心身を癒すこと」とあります。

やたらと「癒し」という言葉が使われています。そしてある解説書によれば、「ストレスは現代病で、癒しは時代のニーズ」だとして、「癒しは、心身ともに持続的かつ継続的な安らぎの効果をもたらす」としています。いっぽうで「過激さは、瞬間的かつ一時的な強い心的刺激を与え、心身に悪影響を及ぼす」と解説しています。

つまり「ヒーリング」とは、宇宙や自然界に存在する生命エネルギーと共鳴させることで、精神的疾患者の自然治癒力を活性化させるリセットスイッチのようなもので、先進医療治療法としても利用されているのです。

さらに「ヒーリングアート」という、 「病院などで、精神的疾患者の心身をなごませ、治癒や回復に助力するような絵画・音楽などの芸術」。「ヒーリングミュージック」という、 「心身の疲れを癒すような効果のある音楽」なども存在します。

ある有名無料動画サイトでは、この「ヒーリング」効果を狙った、自然界の鮮明な映像や、同じく動物などの鳴き声や自然が奏でる様々な音などが検索できるようになっています。それだけ、利用者も増えているという証拠ですよね。

 

ストレスが溜りやすいコンパニオンの癒しには「ヒーリング」も活用できる

デリヘルコンパニオンは閉鎖的で孤独な場合が多い。家族や友達がいても仕事の心理的な悩みなどは打ち明けられないケースがほとんど。しかも仕事は心身的に過激で、一人でストレスを溜めて、抱え込んでしまいやすいのです。

精神的に強いコンパニオンは、自分自身でマインドコントロールできるが、精神的に弱い子は、ストレス障害に陥りやすいのです。彼女たちは、必死で自分を取り戻し、自分の居場所を探す戦いをしているのです。そして何よりも精神的な拠り所、癒しの場所を探しているのです。

もともと人間は、攻撃的なことは好まず、心理学的にも本質的に求めているのは、安らぎや平穏だとされています。したがって、特に心身的なストレス状態におかれている場合には、過激さや、攻撃的な言動などは禁物なのです。

コンパニオンの癒しには“癒される空間”と“癒される言動”が必要なのです。

 

コンパニオンの癒しには、ドライバ―が最も身近で「ヒーリング」に最適

 車にオーデイオ装置が搭載されていれば、いつも「ヒーリングミュージック」を流してあげるような、粋な計らいをするのも良いでしょう。コンパニオンだけではなく自分自身も心を穏やかにすることが出来ます。自然界の静かな安らぎの音だけですから、業務上の会話の邪魔にもなりません。

ドライバーは、疲れ切って何もしたくないコンパニオンでも、また居眠りしたいコンパニオンにも優しく、癒されるような空間を車中で作り出すことが出来るのです。余計な慰めの言葉や、お節介よりは、より効果的かもしれません。

コンパニオンの動作を絶えず細かく観察し、健康状態を察知して、自分の言動をわきまえるのも、コンパニオンといつも身近にいるドライバ―の役割なのです。

 

ハードな接客業務でストレスも溜まりやすいコンパニオンの癒しには、移動中の車内は絶好の空間なのです。デリヘルのドライバーには、「ヒーリング」という「癒しの空間」を作ることで、コンパニオンの癒しをフォローし、精神的なリセットを促すような配慮も必要なのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る