コンパニオンとの良好な関係は、好かれるよりも「嫌われないこと」

デリヘルで働くコンパニオンは十人十色。学生、OL、主婦、シングルマザーなど様々です。性格はもちろん、社会的なマナーや礼儀・作法などもピンキリです。なによりも彼女たちの心理状態はデリカシーで不安定なのです。

 

デリヘルのドライバ―は、このデリカシーで不安定な心理状態を持ったコンパニオンたちと、車中の密室で2人だけで過ごす時間を多く持ちます。ドライバ―も男性である以上、この女性コンパニオンに好かれるような言動を行いたくなります。

デリヘルにおいては、コンパニオンとの良好な関係を維持する為には、好かれようとする余計な干渉は禁物で、まずは「嫌われないこと」の方が重要なのです。

 

ドライバ―はコンパニオンから嫌われないこと。余計な干渉はしないこと。

デリヘルのドライバ―であれば、だれでもがコンパニオンである女の子たちに“好感を持たれよう”と努力するはずですが、好感を持たれようと“余計な干渉”をすることは、かえって逆効果を生み嫌われる要因ともなりますのでその場の“空気が読める繊細さ”が必要です。

ドライバ―にとって、コンパニオンとの良好な関係において大切なことは、「好感を持たれる前に、嫌われないこと」です。コンパニオンから「あのドライバ―は嫌い!」とか、「あのドライバ―の運転は危ない!」とか「あのドライバ―には乗りたくない!」と言われたら、事務所スタッフも対応に困窮します。

コンパニオンとの良好な関係を保つためには、まずは「嫌われないこと」なのです。

嫌われないためのポイント5つを紹介します。

 

1)車中は常に“清潔・無臭”な状態を保つ

出勤時には、必ず車中を掃除して清潔な状態に保ちましょう。女性は特に臭いに敏感です。無臭または適度の芳香で快適な状態にしておくことがポイントです。

出勤時には、清潔にしておいても、コンパニオンが食べ物や飲み物や吸い殻やゴミなどを放置したままにしている場合があります。コンパニオンの降車時には必ず後部座席のチェックが必要です。

 

2)「運転が乱暴だ!」とか、「乗るのが恐い!」と思わせない安全運転

コンパニオン達が、“乱暴”だとか“恐い”とか“危ない”と思う運転操作は、「急激な発車や停車」、「交差点やカーブでの急なハンドル切り替え」、「急ブレーキ」などです。特に急ブレーキは危険性を感じさせますので、注意が必要です。

また、コンパニオン乗車時でのアクビなどは、居眠り運転などの不安を与えかねないので禁物です。

 

3)どのコンパニオンに対しても“平等”に当たり前のことを淡々とやること

コンパニオンによって、接し方が変わるのも良くありません。ドライバ―も人の子、人間ですから好き嫌いは起こり得ます。頭に血が上るほど腹が立つコンパニオンもいるでしょう。そこは「業務優先」「コンパニオンあってのデリヘル」だと言い聞かせて、自分を納得させましょう。

逆に、好みのコンパニオンに対しては特別にご愛想よろしくするのも良くありません。どのコンパニオンに対しても平等に、ただ、やるべき当たり前のことを淡々と進めることが無難なのです。

 

4)車中での移動時間はコンパニオンの“安らぎ”の邪魔をしない

コンパニオンにとって車中の移動時間は、次の仕事への準備時間であったり、安らぎや憩いの時間であったりします。業務上で必要な挨拶や連絡以外の会話は、自分からは絶対に話しかけないように心がけましょう。

「おとなしいなぁ」 とか「退屈だろうなぁ」とかの余計な干渉は不要です。ゆっくり、のんびりと安らいでいるのかもしれないのです。そのような時に話しかけられると「ウザい!」ということになり兼ねません。

 

5)業務以外の“余計な会話”は慎むこと

「触(さわ)らぬ神に崇(たた)りなし」といいますが、デリヘルの世界では「触(さわ)らぬ“女”に崇(たた)りなし」がピッタリ当てはまるような気がします。コンパニオンの私的なこと(考え方や趣味であっても)に、関わりさえ持たなければ、災いを招くことはありません。

私的な事柄で自分の考え方や意見などを交わしたところで、好感を持たれることは少なく、かえって反感をもたれることの危険性の方が高いということを肝に銘じておきましょう。

 

コンパニオンに好感を持たれようとか、好かれようという気持ちが優先すると、ついつい業務とは関係のない“余計な行為”を行いがちです。この余計な行為は、コンパニオン側からすれば、嫌われる“余計な干渉”と受取られてしまい兼ねません。

ドライバ―はコンパニオンから嫌われてしまえばおしまいです。ドライバ―にとって、コンパニオンとの良好な関係づくりには、「嫌われないこと」が重要なのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る