ドライバ―に必要な3つの運転能力は、安全性・迅速性・確実性

デリヘルドライバーは、ただ単に運転が上手だとか運転技術に優れているだけでは務まりません。生身の人間であるコンパニオンを快適に送迎できるスムーズな運転である「安全性」、決められた制約時間内に目的地まで到達できる「迅速性(スピード)」、そして目的地であるお客様の元を絶対に間違わない「確実性」の3つが必要とされます。

 

デリヘルドライバーの送迎業務を円滑に遂行するうえで、「安全性」、「迅速性(スピード)」、「確実性」の3拍子揃った運転能力が必要とされます

 

「安全性」が保たれる運転能力

 

お店にとっては大切な商品的資産価値のあるコンパニオンを送迎するわけですから、コンパニオンに危険を感じさせるような運転はご法度です。特に、女の子は急発進や急ブレーキなどには危険を感じやすく、禁物です。常に「安全性」が保たれる運転能力が必要です。

 

女の子が危険を感じるような運転をするドライバ―には乗車拒否をされる場合があります。コンパニオンから乗車拒否されるようではドライバ―業務はなりたちません。

 

また交通違反や事故などによるトラブルでは、多大な遅延の原因となり、お客様だけではなくコンパニオンやお店にも迷惑をかけることになります。また付帯費用は当然自己負担となりますので、注意が必要です。

 

「迅速性」のある運転能力

 

ドライバ―の1日当たりの平均走行距離は、10時間勤務で130~150kmぐらいです。そして一回ごとの送迎については、時間制約があります。待っているお客様の元には1分でも早く到着できる「迅速性(スピード)」のある運転能力が必要とされるのです。

 

時間を短縮するためには、「スピードを出す」方法と「車線やルートを変更する」方法とがあります。基本的には「車線やルートを変更する」方法で時間短縮します。

 

昼と夜、また深夜とでは交通量が大幅に異なってきます。特に夕方の渋滞道路や渋滞区間には要注意です。通常は30分で行けるところでも渋滞時間では、余分に15分は掛かってしまいます。

 

このような道路では、抜け道や裏道を知っていると便利です。また絶えず車線ごとの交通量を意識し、車両の少ない車線へと移動してゆく運転能力も必要です。

 

また「スピードを出す」方法については、法定速度を大幅に超えると検挙の対象となりますので要注意です。法定速度を基本に許容範囲内のスピードでの運転能力が必要なのです。

 

「確実性」の高い運転能力

 

指定された住所地の建物、部屋まで間違いなく正確に送り届ける、「確実性」の高い運転能力が必要とされます。指定住所地に辿り着きさえすれば、最終的にお客様に確認のお電話をいれて“特定”することができます。

 

カーナビだけに頼るのは危険です。新しい住所地や新しい道路などはカーナビでは検索されないことが度々発生します。また個人宅など検索されても実際に行ってみると間違った住所地が検索されている場合もあります。

 

カーナビは今年に更新したものであっても、3-5年前の地図がベースになっています。ましてや5年前に更新したものであれば、8-10年前の地図がベースとなっているのです。したがってこの間にできた新築物件や新しい道路などは、当然表示されないのです。

 

このような場合には、携帯やスマートフォンの地図検索にて特定しましょう。Google地図やMapion地図やYahoo地図は信頼度も高く、随時更新されていますので、かなり新しい物件でも表示されています。

 

カーナビと地図とで検索してみて、目的地の位置がずれている場合には、地図の方を信頼することがポイントです。カーナビ頼りだととんでもないことになり兼ねません。

 

デリヘルドライバーの送迎業務には、お客様のお店に対するサービスに対しての満足感や信頼感を高めるという使命や、コンパニオンというお店の大切な資産(商品価値)を安全・快適に送迎するという使命も負っているのです。

 

デリヘルドライバーには、このお客様やコンパニオンからの満足感や信頼感を得るために、「安全性」、「迅速性(スピード)」、「確実性」を確保できるための3つの運転能力がたえず必要とされるのです。

デリヘルドライバーは、ただ単に運転が上手だとか運転技術に優れているだけでは務まりません。生身の人間であるコンパニオンを快適に送迎できるスムーズな運転である「安全性」、決められた制約時間内に目的地まで到達できる「迅速性(スピード)」、そして目的地であるお客様の元を絶対に間違わない「確実性」の3つが必要とされます。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る