ドライバ―初心者が「勤続1ヵ月の壁」を克服する方法とは?

デリヘルドライバ―初心者の多くが、入社後1ヵ月から2ヵ月で辞めていきます。ドライバ―経験のない初心者にとっては、「勤続1ヵ月の壁」という得体の知れない何かがあるようです。

 

もともと風俗業という職業の中で、経験のない素人の方でも簡単に応募できて、人気があるのが、デリヘルドライバ―業なのです。しかも採用率は95%以上もの広き門となっています。しかし採用率も髙ければ退職率も髙いのが実情なのです。

 

デリヘルドライバ―業とは、ただ運転が上手いだけでは務まりません。また綺麗なコンパニオンたちと付き合えるなどの甘い考えでも通用しません。ドライバ―初心者が採用後1ヵ月で辞めていく背景には、このような間違った事前認識とのギャップもあるようです。

 

今回は、デリヘルドライバ―初心者が、「勤続1ヵ月の壁」を克服して、勤続し続ける方法について、その原因と対策を説明します。

 

「指定時間内の正確な送迎」に失敗やミスを繰り返し、自ら挫折する

 

デリヘルドライバ―は、指定された目的地(お客様の元)にピンポイントの正確さで、生身の人間であるコンパニオンを送迎しなければなりません。郵便配達や宅配便と同様な正確さが求められるばかりか、指定時間内での送迎という制約があります。

 

「指定時間内での正確なピンポイントでの送迎」という業務において、最初の1ヵ月ではとにかく失敗やミスを繰り返します。スッタフから叱責され、お客様には謝罪しなければならず、自分の能力では無理だと挫折・断念してしまうのです。

 

しかし、ドライバ―初心者であれば、失敗やミスは必ず起こります。大事なのは「なぜミスをしたのか」という原因と「どうすればミスを防げるのか」という工夫と対策なのです。辛抱強くこの原因と対策をトコトンやり遂げれば1ヵ月で克服できるのです。

 

女の子に「嫌われる言動」を繰り返して「乗車拒否」をされ、辞めさせられる

 

デリヘル業界には、「コンパニオンである女の子に嫌われたら、乗車拒否をされドライバー業は務まらない」という業界常識があります。ドライバー初心者はこの業界常識には曖昧な状態の1ヵ月の間に、女の子に嫌われるような言動を繰り返してしまっているのです。

 

女の子と特別な関係や交際を求めるなどはもってのほか、懲罰の対象となります。その前に口説いたとしても嫌われてしまえばそれまでです。また女の子が“危険と感じる”ような「乱暴な運転」は特に嫌われてしまいます。

 

注意しなければならないことは、ドライバ―初心者にとっては、善意や好意のつもりでやっていても、女の子には悪意に受け取られることも多いのです。車中での、「女の子の安らぎや癒しを邪魔する」、余計な話しかけや個人情報などの質問などです。

 

女の子への余計な話しかけや質問などは、うるさいと嫌われる原因ともなりますので、業務以外の会話は、マニュアルでは禁止事項となっているのです。

 

ドライバー初心者は、1ヵ月の実践と経験後に「やれる自信」が生まれる

 

ドライバ―初心者にとって、失敗やミスを繰り返す「勤続1ヵ月の壁」は、辛抱してトコトンやり通すことで克服出来るのです。実践と経験を重ねることで、1ヵ月を過ぎた2か月目あたりから、今までのミスや失敗がウソのように無くなるのです。

 

2か月目当たりから「勤続1ヵ月の壁」は完全に消え去り、「送迎業務がミスなく迅速・確実に行える」という“自信”が湧いてきて3ヶ月も過ぎればもう“確信”に成長します。業務の流れの中に“間”ができたように“ゆとり”が生まれてくるのです。

 

 

どんな仕事であっても、一度トコトン本気でやってみなければ、「その仕事が本当に自分に適しているのか?」、「自分でもやっていける仕事なのか?」は分かりません。

たかが1ヵ月で諦めるなら、どんなに仕事を変えても同じ結果を繰り返します。

 

しかし、なぜかデリヘルドライバ―初心者には「勤続1ヵ月の壁」が大きな障害となっています。2か月も過ぎれば、簡単に克服できる障害であることも知らずに・・・。

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る