デリヘルドライバー入門!「挨拶」と「言葉遣い」は重要な武器!

仕事を行う上で、ビジネスマンにはいろいろな能力が必要とされますが、いくら高い能力を有していても、「挨拶」や「言葉遣い」が悪い人は、周囲からは評価されることはありません。

相手に好感を与える為には、誰に対しても挨拶をすることです。挨拶ほど簡単でたやすいコミュニケーション方法はありません。また言葉遣いにおいて注意すべきことは、無神経で粗雑な言葉を使わないことです。

「気持ち良い挨拶」や「丁寧な言葉遣い」は相手の存在感を認め、相手とコミュニケーションを取り、「良い関係をつくりたい!」 との意思表示の表れなのです。今回はコミュニケーションの重要な武器となる「挨拶」や「言葉遣い」についてお話しします。

 

「気持ち良い挨拶」はコミュニケーションの重要な武器

ビジネスの社会において多くの会社が「オ・ア・シ・ス運動」を行っています。基本用語をキチンと使って挨拶を励行しましょう!という運動です。

オ(コ):「おはようございます(こんにちは)」は、相手の存在を認めます。

ア:「ありがとう(ございます)」は、感謝の気持ちを相手に示します。

シ:「失礼します(いたします)」コミュケーションの終了を伝えます。

ス(モ):「すみません(申し訳ございません)」は、素直に謝罪を伝えます。

どんなビジネス書でも、どんな会社のマニュアルにも挨拶の重要性は謳われています。

挨拶は「私がコミュニケーションを取るに値する人ですよ!」と相手の存在を認める意思表示とも言えます。

普段から挨拶をしていない人とは、コミュニケーションを取る必要が生じた時に、会話を始めることが何となくやりにくいものですよね。

「心のない無愛想な形式だけの挨拶」は、相手の気持ちを害します。反対に「気持ちのこもった挨拶」は、相手の「気持ちを和ませ、親近感を増す」ことができます。特に接客業では、お客様に「感謝の気持ちが伝わるような気持良い挨拶」を心がけることが大切です。

「気持ち良い挨拶のできる人」は、初対面であっても相手から好感を持たれ、「信頼を得る」第一歩を踏み出したことになるのです。「挨拶」は、相手とのコミュケーションにおいて信頼を得るための重要な武器となるのです。

 

「丁寧な言葉遣い」は、相手を癒し、和ませる

「言葉遣い」は、相手から人間性や人格を評価される重要な要素ともなります。人間は感情的です。「悪い言葉遣い」によって、相手からは低い評価を受け、信頼を失うことに繋がります。

「粗雑な言葉遣い」によって、相手の気分を害していては、肝心な要件は伝えられず、良い仕事を行うことはできません。また、単なる言葉遣いによって、お客様の苦情などにも発展することもあります。

一方、「丁寧な言葉遣い」は、相手から「自分を尊敬してくれている」とか「感謝の気持ちを持ってくれている」とか、「良い人間関係を作り出す」基本となります。

ビジネス社会で良い関係をつくり、仕事を順調に進めていくためには、丁寧な言葉遣いを心がけることは、ビジネスマナーにおいての重要な武器となるのです。

 

このように、「気持ち良い挨拶」と「丁寧な言葉遣い」は、相手の気持ちを癒して和ませるだけではなく、自分が「相手に認められ信頼されるという効果」をもたらしてくれます。

「挨拶」と「言葉遣い」の2つの能力は、人と人との関係を円滑にできる、他のどんな能力よりも優れた重要な武器なのです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る