デリヘルスタッフの「問題解決能力」を高める思考プロセス

デリヘルスタッフの業務を遂行するうえで、さまざまな問題やトラブルが発生します。この問題やトラブルに対しての問題解決能力が欠落していると、円滑なデリヘルの運営が阻害されてしまいます。

デリヘルスタッフの業務を円滑に遂行する上で、向上させるべきスキルのひとつである問題解決能力について説明していきます。

 

問題解決能力は仕事を円滑に進める潤滑油

 社会生活において、私生活であろうと仕事上であろうと、人間は誰しもさまざまな困難や問題と直面します。なんとかこの問題を解決するためにいろいろと考えて、対策を講じても解決できない場合には、挫折してついには「思考停止」状態に陥ります。

 こうなると、つぎつぎに問題が山積みとなって、なかなか仕事が円滑に進まず、トラブル続きに陥ってしまうのです。こういう時に、正しい問題解決の思考プロセスを理解して、「問題解決能力」を磨かないと、いつまでも負のスパイラルから抜け出せません。

 この負のスパイラルから抜け出す原則的な思考方法は「P・D・C・Aサイクル」です。つまり「Plan=仮説立案(情報収集)」→「Do=実行(行動)」→「Check=(検証・分析)」→「Action=軌道修正」の思考と行動のサイクルを実践することです。

 あらゆる事柄について、この「P・D・C・Aサイクル」の思考方法を適用することが、問題解決能力を高める鍵となります。

 

問題解決能力を高めるための3つのプロセス

1 問題の原因を正しく認識する

「火のない所に煙は立たぬ」 や 「臭い(ニオイ)は元から断つ」という言葉があります。どちらも元(原因)を探さないと問題は解決しないという意味です。元(原因)以外の現象に惑わされていては混乱を招くだけという意味にもなります。

問題解決において、この原因を現象に惑わされることなく正しく把握・認識できれば、問題によっては、もう70%-90%は解決したのも同然と言えるかもしれません。

 

2)情報収集の為のコミュニケーションを深める

このコミュニケーションにはいろいろなケースを含みます。インターネットや本や自分の知識や経験などに問い合わせることも含みます。これらの知識や情報を駆使して、最善の問題解決策を講じることになるのです。

組織集団において重要なコミュニケーションは、この問題に関わったできるだけ多くの人から原因情報や解決法などの意見を聞くことです。信頼できる同僚や上司に相談することも当然含みます。このコミュニケーションこそが問題解決能力を高めるカギになります。

この時に大切なことは、最終的には自分自身で判断・決断することになるということです。したがって、他人とのコミュニケーションにおいて“本質を見抜く力”が必要になります。ひとの見方や考え方は百人百様なのですから。

 

3)問題解決能力を向上させる改善策を3つあげる

自分で問題の原因となる「本質」を突き止めたならば、その解決方法に優先順位をつけて3つ考えましょう。1つだけでは、上手くいかなかった時にまた振り出しに戻るからです。問題解決には一段一段積み上げていくことが重要です。

改善策を実行しながらズレが生じたら、少しずつ軌道修正していくのです。必ず問題解決点に到達することができます。今で苦しめられ続けた問題が解決すると、何事もなかったかのように、仕事は順調に、しかも円滑に進められていくのです。

このように「問題解決能力が高い人」にはその思考プロセスに共通点があるのです。

そういう人たちは、思考力があり、問題の本質を見抜く力があり、コミュニケーションを通じた情報収集を絶えず行っています。そしてその思考サイクルの根底にあるのが、「P・D・C・Aサイクル」なのです。

 

問題解決能力の高い人は、いろいろな問題やトラブルに遭遇しても、慌てずに冷静に問題解決に向けての対応力を発揮して解決していきます。

さまざまな問題やトラブルが発生するデリヘルの運営においても、デリヘルスタッフとして問題解決の思考プロセスを理解し、問題解決能力を高めることが重要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る