デリヘルのスタッフ業務に重要な「電話の会話」でのテクニック

デリヘルというサービス業では、お客様がご来店される必要がないことから、お客様との対面での接客応対はありません。電話やメールを介しての接客応対となります。そこで特に「電話の会話」でのテクニックを磨くことは、スタッフ業務においての重要なスキルのひとつなのです。

 デリヘルのスタッフの電話での送受信の相手は、お客様、コンパニオン、ドライバ―の3者です。お客様との予約注文の受注やコンパニオンやドライバ―との業務連絡など、1日に数百回もの送受信と会話を繰り返します。

まるで空港の管制塔か大手企業の電話オペレーター並みの忙しさなのです。お客様からの電話予約1本当たりで、10回程度の業務連絡の送受信が、1日の業務中に数十回繰り返されることになるのです。

スタッフ業務が適確にかつ迅速に遂行されるような「電話の会話」テクニックが要求されるのです。しかも同じ「電話の会話」であっても、お客様やコンパニオンやドライバ―との言葉遣いは、それぞれにおいて使い分ける必要があります。

 

お客様との「電話の会話」は「明るく・元気・丁寧に・自信をもって」

 スタッフ業務での「電話の会話」はお客様との大切なコミュニケーションツールです。「電話の会話」による応対だけで、お店の好印象を与えなければいけません。お客様本位、お客様の立場を尊敬し、お客様のご要望に何とか答えようとするサービスの姿勢が、「電話の会話」を通じて、お客様に伝わるようなテクニックが必要とされるのです。

お客様としてはまだ、「このお店の子にしよう!」とは決めずに探り状態で掛かってくる電話もあります。そのような探りの電話を、お客様の要望を十分に聞き出して、お好みの子をおススメして予約を勝ち取れる「電話の会話」テクニックが要求されます。

また常連のお客様からは、「このお店の電話応対は、いつでも気持ちが良い」と支持され続ける「電話の会話」テクニックが必要なのです。勉強のつもりで、一流の高級ホテルや一流企業に電話してみて電話交換手の会話や応対の仕方を研究するのも、テクニックを磨くためのひとつの方法です。

 

ドライバーとの「電話の会話」は「簡潔・明瞭・正確かつ迅速に」

 スタッフ業務の中でも、一日で電話での連絡回数が最も多くなるのがドライバ―です。迅速に行わなければ時間のロスに繋がります。しかも正確でなければ適確にコンパニオンを目的地まで派遣することができません。

歯切れが良く、簡潔にドライバ―に1回で伝わるような「電話の会話」テクニックが必要です。聞き取れにくく、何回もドライバ―が聞き直してくるようではいけません。

女の子の名前や住所や部屋番号などの数字を伝える時には、「しおりさん」ではなく「し・お・り・さん」と、「105番(ひゃくごばん)」ではなく「1・0・5・番(イチ・ゼロ・ゴ・バン」と伝えましょう。特に名前や番号は聞き間違えは禁物です。

スタッフ業務でのドライバ―との「電話の会話」で重要なことは、コンパニオンの送迎業務を円滑に遂行する為に「簡潔・明瞭・正確かつ迅速に」伝えられる会話テクニックなのです。

 

コンパニオンとの「電話の会話」は「優しく・丁寧に」

 コンパニオンとの連絡はラインで行われることが多く、「電話の会話」での連絡は出勤時の配車時間の確認や業務終了後の翌日以降の出勤予定の確認などで行います。

コンパニオンの心理状態や健康状態は不安定です。ストレスや疲れが溜まって神経がイラついていることも多々あります。「お疲れ様です」とか「頑張っていただいてありがとうございます」とかの労(ねぎら)いの言葉をかけてあげるのがポイントです。

「明るく・元気」というよりは「優しく・丁寧に」を心掛けるのが良いでしょう。

絶えず「お店にとっては大切な存在である」ことをほのめかす様な言葉遣いが要求されます。

スタッフ業務でのコンパニオンとの「電話の会話」で重要なことは、優しい丁寧な言葉遣いで、「相手のコンパニオンがお店にとって大切な存在」であることが伝わるような会話テクニックが重要です。

 

デリヘルのスタッフ業務においては、お客様との応対やコンパニオンやドライバ―との業務連絡は、「電話の会話」によって行います。お互いに相手の姿勢や態度や表情などを伺うことが出来ない状態で、“言葉のやり取り”だけで正確なコミュニケーションを図る必要があるのです。

「電話の会話」は、見えない相手と言葉だけで対話し、お互いの意思や考えや気持ちを伝えなければなりません。その言葉遣いや会話テクニックを研究し磨き上げることは、デリヘルのスタッフ業務で必要なスキル向上のひとつなのです。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る