風俗業未経験者が選ぶ職業なら、デリヘルスタッフ業務は最適!

デリヘルという性風俗産業での仕事内容や職場環境は“特別なモノ”で、「デリヘルスタッフ業務は素人や未経験者が選ぶ職業としては難しいのでは?」と敬遠されるのであれば、それは思い過ごしの誤解に過ぎません。

 

デリヘルとはご存知のように、ヘルスサービスを行うコンパニオンをホテルや自宅に派遣する無店舗の営業形態のことです。店舗とはプレイシステムやプレイ料金、そしてコンパニオンの顔ぶれなどを宣伝するインターネット上の広告サイトを指します。

 

このインターネット上の店舗を想像して、華やかで豪華ないかにも風俗的な職場だろうと思われるかもしれませんが、実際に男性スタッフとして働く職場とは、一般の中小企業などと少しも変わらない普通の事務所(オフィス)なのです。

 

風俗業で働くのであれば、未経験者が選ぶ職業としては、デリヘル男性スタッフ業務はとっつきやすく、なじみやすい最適の職業だといえます。

 

デリヘルスタッフの職場環境とは?

 

お客様にご来店していただく店舗は持っておりませんが、従業員が働き、コンパニオンが待機する事務所(オフィス)を持っています。その事務所とは、一般の中小企業となんら変わりなく、男性少数のこじんまりとしたものなのです。

 

職場である事務所には、机にパソコンと電話器、そして備品などがあるだけの質素なオフィスなのです。コンパニオンの待機場所は隣接されていたり、別室になっていたり店舗により異なります。

 

他の風俗業と違い、従業員以外の出入りはありませんから、風俗未経験者が選ぶ職業としては、この男性スタッフ業務は、最適な職業だといえます。

 

デリヘルスタッフの主要業務内容は?

 

デリヘルスタッフが行う主な業務内容としては、

①ドライバ―送迎業務(自宅やホテルへの派遣)

②清掃・備品管理業務 (日々の営業に必要な備品類の整理と清掃業務)

③オペレーション業務 (電話受付やドライバー配車手配、PCを使った広報業務)

④社交管理業務 (コンパニオンの出勤管理や相談、アドバイス、面接業務)

⑤企画・広報業務 (購買につながるイベントや広報の企画業務)

などです。

 

入社時の初心者の頃は、①ドライバ―送迎業務や②清掃・備品管理業務 が主体となります。慣れて経験を積むに連れて、③オペレーション業務や④社交管理業務や⑤企画・広報業務などが任されていきます。

 

幹部の仕事ともなれば、風俗に関する専門的な知識や経験が重要になってきますが、初心者などが行う業務には、専門知識などは必要ありません。しがって男性スタッフ業務は、未経験者が選ぶ職業としては、最適なのだといえるのです。

 

デリヘルスタッフに必要なビジネススキルとは?

 

ビジネススキルとは言えませんが、「運転資格」は最低必要条件となります。次には「パソコン操作能力」や電話を介しての「会話(対話)能力」です。18歳以上であれば、年齢や経験・経歴などは不問ですから、これだけのスキルでも面接で合格するには十分な条件なのです。

 

しかし、デリヘルというスタッフ業務を継続遂行していく上で必要なスキルとしては、「丁寧な言葉遣い」や「誠実さ」、「コミュニケーション能力」などが要求されます。

そして何よりも重要なのは、「(学ぶ)向上心」と「探求心」なのです。

 

このように、採用条件としても、業務上の必要なスキルとしても、風俗業の経験や経歴などは不問であること、また専門知識は必要とされません。必要なのはあなたの内面的、人間的な能力だけなのです。

したがって、風俗業であれば未経験者が選ぶ職業としては、デリヘル男性スタッフ業務が最適だとおススメするのです。

 

ウイニンググループの採用・人事方針には、「年齢・経験は不問」、「人徳ある者の実力主義」、「向上心と探求心があればこそ成長できる」という信念が貫かれています。

 

このウイニンググループの、デリヘルスタッフ業務の採用方針は、風俗業界には不慣れな未経験者が選ぶ職業としては、好都合で最適な条件だといえます。デリヘルスタッフ業務という職業は、努力して頑張れば頑張るほど報われる、そして自分のやる気を思いっきり試してみることの出来る仕事なのです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る