男性スタッフとコンパニオンとの良好な関係は業績を向上させる

デリヘル業において、コンパニオンである女の子はお客様への性的サービスを提供することによって、唯一売上を稼ぐことのできる商品価値を持っています。

 

男性スタッフは、この商品価値を持ったコンパニオンの在籍者数を増やし、ネット上の店舗であるホームページでの宣伝広告の訴求を行うなど、商品価値の向上を図ることは、重要な仕事の一環であることはいうまでもありません。

 

実はこの男性スタッフと商品的価値を持ったコンパニオンとの関係の良し悪しは、お店の業績を左右するほどの影響力があるのです。男性スタッフとコンパニオンとの良好な関係こそがコンパニオンとしての商品価値を向上させるとともに業績をも向上させるのです。

 

コンパニオンとの良好な関係は、スタッフのマネジメント管理を有利にする

 

コンパニオンとの良好な関係とは、お互いが信頼し合える関係であり、悪い関係とは不信を持たれる関係つまり信頼できない関係をいいます。信頼し合える関係は、男性スタッフの業務の進行を円滑にしてくれます。つまり業績をも向上させるのです。

 

コンパニオンのマネジメント管理は、男性スタッフの重要な仕事です。出勤管理では、コンパニオンの出勤日や勤務時間を個人ごとに交渉・調整します。コンパニオンとの良好な関係は、この出勤日や出勤時間帯に融通をきかせることができます。

 

忙しくなりそうな日でコンパニオンの出勤者が少ない日には、欠勤予定のコンパニオンに出勤を依頼したり、出勤日の変更を要請したりする必要が生じますが、良好な関係の中では、調整しやすく、悪い関係では当然困難になります。

 

また良好な関係では、予想外に途中から忙しくなってコンパニオンが不足しそうな場合にも、出勤時間の延長などを依頼しやすくしてくれるのです。このようにコンパニオンの出勤状態を繁忙に合わせて調整しやすい状態を作ってくれるのです。

 

このように、男性スタッフとコンパニオンとの良好な関係は、マネジメント管理を有利に推し進めることが容易になり、出勤率が改善されて、業績も向上させることが可能となります。

 

コンパニオンとの良好な関係は、仕事に意欲的な職場環境を作り上げる

 

また良好な関係では、仕事や職場やスタッフに対する愚痴や不満が少なくなり、それだけコンパニオンが意欲的に仕事に打ち込めるための士気高揚にも影響を与えます。つまり良好な関係はコンパニオンという商品価値をも向上させることに繋がるのです。

 

さらにコンパニオンとの良好な関係は働きやすい職場環境を維持し、コンパニオンの他店への流出や入店後の早期退店なども防止してくれます。このようにコンパニオンとの関係の良し悪しは、店舗の売上に大きく左右する影響力を持っています。男性スタッフのコンパニオンとの良好な関係作りには、業績を向上させるという大きな役割が課せられているのです。

 

コンパニオンとの良好な関係作りに重要な5つのポイント

 

コンパニオンとの良好な関係を作り上げる上で、重要なポイントが5つあります。

1)明るく元気で笑顔の絶えない職場環境を保つ

2)コンパニオンの愚痴や不満や相談事は、とにかく聞く(結論は不要。聞くだけで8割は解決する)

3)コンパニオンには誰でも平等に接する

4)コンパニオンには“労い”と“褒め”や“感謝”の言葉が効果的である

5)コンパニオンには大上段からの規則やルールを優先させない

この5つのポイントを肝に銘じて、日々の業務に励みましょう

 

男性スタッフは、日々の派遣業務そのものに追われがちです。その忙しい仕事の最中での、コンパニオンへのちょっとした目配り、気配り、心配りが、良好な関係を作りあげるのです。

男性スタッフとコンパニオンとの「良好な関係は業績を向上させる」という認識を深めることが重要なのです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る