丁寧な言葉遣いは、お客様を心地良くさせるための重要なスキル

どのような職業においても、「丁寧な言葉遣い」ができることは、従業員のスキルアップには欠かせない要素です。ましてや接客サービス業においてはなおさら重要視されるスキルのひとつとなっています。

 

接客とは、大切なお客様とのコミュニケーションです。お客様を「心地良くさせる」ことが重要なのです。お客様は、接客する人の身だしなみや姿勢、笑顔などの表情、そして言葉遣いなどを総合的に感じ取ります。

 

そして何よりもお客様を「心地良くさせる」ための最良のスキルこそが「丁寧な言葉遣い」なのです。

 

デリヘルスタッフにとっての「丁寧な言葉遣い」の重要性とは

 

デリヘル業においての男性スタッフの接客において、お客様との直接の対面はなく、電話での会話を通じてのコミュニケーションとなります。お客様からは身だしなみや姿勢や笑顔などの表情などは見えません。

 

男性スタッフにとっては、電話での「会話の内容や質」だけがお客様を「心地良く感じさせる」武器なのです。電話を通じた会話の良し悪しは、そのままお店の印象をお客様に与えてしまいます。

 

お客様を心地良くさせる為の「丁寧な言葉遣い」は、男性スタッフのスキルアップとして必要不可欠なのです。電話での「丁寧な言葉遣い」での応対は、お店のサービス価値を向上させるばかりか、他店との差別化を図り、お客様の信頼を得ることができるのです。

 

電話での接客応対の「丁寧な言葉遣い」の基本は「接客8大用語」

 

数多くの企業が新入社員の研修や、毎日の朝礼などで復唱励行しているのが、接客(販売)の7大(8大)用語です。デリヘルでの電話応対においても、この8大用語を基本として電話応対用の「丁寧な言葉遣い」として少しアレンジして使うと便利です。

 

・「いらっしゃいませ」(電話では、「お電話ありがとうございます」にアレンジ)

・「(大変)お待たせいたしました」(電話では、3コール以上なってから出る時には「お待たせいたしました」。5コール以上では「大変お待たせいたしました」としましょう)

・「かしこまりました(承知いたしました)」

・「少々お待ちください(ませ)」

・「(大変)申し訳ございません(大変失礼いたしました)」

・「恐れ入ります」

・「ありがとうございます(ました)」

・「失礼いたします(ました)」

 

この8大用語をそのまま丸暗記して、電話での会話の中で「丁寧な言葉遣い」として、自然に話せるように訓練しておきましょう。8大用語を基本として「丁寧語」を活用することが、「丁寧な言葉遣い」ができる早道となります。

 

8大用語を完全に使いこなせれば、「丁寧な言葉遣い」としてお客様を「心地良くさせる」ことになり、あなただけではなくお店や会社の好印象にも繋がっていくのです。

 

電話での会話は、相手の「お客様と対面している状態」をイメージして行う

 

電話での会話では、お互いの相手の態度や顔色が見えません。電話での応対の仕方、会話の仕方ひとつで、瞬時に印象が決められてしまい兼ねません。電話の向こう側であっても、こちらの不機嫌な表情や無礼な態度などは、意外と感じ取られるものなのです。

 

電話応対は、お互いの目では相手の姿勢や態度や表情などを確認することが出来ずに、言葉だけでのやり取りで行うコミュニケーションなのです。電話での応対は対面での接客よりも、丁寧で誠実な心遣いや配慮が必要となるのです。

 

そこで、電話の向こう側にお客様がいらっしゃるのではなく、「お客様と対面している状態」をイメージして会話することが、丁寧で好印象を与える電話応対のコツなのです。

目の前のお客様と会話するのと同じように、姿勢を正し、笑顔を作りながら「丁寧な言葉遣い」で会話することで、お客様を「心地良くさせる」ことができるのです。

 

 

「丁寧な言葉遣い」が自然にできるようになるためには、日ごろから使うことを習慣づけることです。デリヘル業においては、お客様だけではなく、女性コンパニオンに対しても丁寧語を使うことが常識となっています。

 

「丁寧な言葉遣い」はデリヘルドライバ―とお客様やコンパニオンとの良好な信頼関係をつくりあげる、重要なスキルのひとつなのです。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る